アマチュア画家のための
全国規模の絵画公募展

全日本アートサロン絵画大賞展 本展について

アマチュア画家を対象とした全国規模の公募展

 「全日本アートサロン絵画大賞展」は、平面絵画を対象とした全国規模の公募展です。絵画を楽しむ方に発表の場を提供しようと、画材・文具総合メーカーであるサクラクレパスが、創業70周年記念事業の一環として1991年(平成3年)に創設しました。スタート時の名称は、「全日本アマチュア美術大賞展」。当初、部門制はなく、4名の審査員の先生方が、すべての作品に目を通され、賞が決定されました。

 開催主旨は、アマチュアの立場で絵を楽しんで描いておられる方に広く発表の場を提供することで、絵に親しむ層の裾野を広げる事を目的としています。年齢等の応募に関する制限はなく、絵を描くときの動機や感動が表現された、アマチュアならではの自由な発想が光る作品を求めています。これまでの審査でも、ご自分の心を素直に、またエネルギッシュにキャンバスに表現された作品が審査員の先生方から高い評価を得ています。

 1995年から、名称を「全日本アートサロン絵画大賞展」と改称し、自由表現部門と写実表現部門の2部門を設けました。自由表現部門では自由な表現を中心とした抽象作品、写実表現部門では風景、人物、静物等の具象作品が対象となる事を明記していますが、出品者が自由に部門を選択できるため、両部門間の厳密な線引きはありません。審査方法は、創設当時から変わらず、予備審査はせず、すべての作品を審査員にご覧いただいています。

 “アートを愛し、描くことを楽しむ人のために”、1人でも1点でも多く出品していただきやすい公募展を目指していきます。

実行委員長挨拶

全日本アートサロン絵画大賞展実行委員会
実行委員長 西村 貞一 (株式会社サクラクレパス代表取締役会長)

ずっと作品を出されてきた方々に支えていただいたという思いでいっぱいです。入賞された方も卒業せずに、また出していただけるということは本当にありがたいことです。
アマチュアの方を顕彰するという意味では、皆さま方の励みになることができたのではないかという思いがいたします。プロの方からレベルが上がってきたとおっしゃっていただけるのも、非常にありがたく思います。苦労して続けてきたかいがありました。
おかげさまで、東京展・大阪展だけでなく、数年前から愛媛、岡山、愛知の各県でも作品展の開催ができるようになりました。その他の地域でも開催できるようにすすめて参ります。
この大賞展は、創設時に審査をしていただいた池田満寿夫先生のご意向で、部門ごとに全作品を審査員の方々に見ていただいています。それも大きな特長の一つになっていると自負しております。
ぜひ多くの皆様に自分の思いを力いっぱいキャンバスにぶつけて、絵が持つ力を見せていただけるように、頑張っていただきたいと思います。

第25回展受賞者 × 西村貞一・実行委員長 対談

第25回展で文部科学大臣賞に輝いた三上英子さん(東京都)と写実表現部門大賞を受賞した眞下典子さん(神奈川県)、実行委員長でサクラクレパスの西村貞一会長が、「絵を描く楽しさ」をテーマに語り合った。

何でも表現できる絵の楽しさ

西村
まずは受賞おめでとうございます。三上さんは92歳とお聞きしましたが、絵を描いて何年になりますか?
三上
25年くらいになります。当時、主人を亡くし、何をしようかと思ったのですが、妹に誘われて絵の道に入りました。
西村
今回の作品について教えてもらえますか。
三上
東京都葛飾区にある閘門(こうもん)橋です。新聞でこの橋を知り、「1回見に行ってみよう」と、お手伝いさんとタクシーを飛ばして、現場に行って写真を撮ってきました。それだけで半日がかりでしたが…。
西村
大変だった?
三上
いえいえ、楽しかったです。
西村
眞下さんはいつ頃から絵を?
眞下
15歳くらいからです。たまたま近くに絵の先生がいて。母が、ピアノとか習い事をさせてくれたのですが、続いたのは絵だけでした。ピアノってお手本通りにやらされますよね。当時は、それがいやで。でも、絵って頭に描いたもの、何でも表現できるじゃないですか。だから、楽しいですね。
西村
今回の作品も、独特の世界感というか。
眞下
よく「怖い」といわれるのですが。本人はそんな気はないです。持って生まれた感性でしょうか。俗にいう、爽やかで、みんなが好印象を抱く絵ってありますよね。でもそういうのは描けないので。
西村
絵の道に進もうとはしなかったのですか?
眞下
そうですね。結婚して、就職して、普通に暮らしながらずっと絵を描いてきました。絵を描くのには資金不足なので、今はホームヘルパーをしながら描いています。

健康の秘訣(ひけつ)は描くことにあり!?

西村
描いているときは、もう夢中になるのですか?
眞下
うまくいくときは楽しいですが、そうじゃないときは…。1週間やったのを消して、何をやっているんだろう、とか、がっくりくるときもあります。でも、こういう賞をいただくと励みになります。やっぱり、たまにはいいことがないと。
西村
そういっていただけると、うれしいですね。三上さんは?
三上
私の場合、とにかく描くことが、楽しみなんです。いやだな、と思ったことはなくて、他のことがすごく忙しくても、描けばそれで楽しくなります。仕事や用事が忙しくて、とても毎日描く時間はないので、描けるのはせいぜい3日に1回くらいでしょうか。
西村
お仕事ですか?
三上
そうです。マンションを経営していて、経理や税務を自分でやっています。
西村
それは大変。
三上
それをやっているから、頭がぼんやりしないのかな、と思います。でも、やっぱり数字だけ考えていても面白くないので、描くことは大切ですね。今度は何を描こうかしら、って思うだけでも楽しみです。
西村
絵は健康にもいいということですね。眞下さんはいかがですか? 
眞下
以前に頭痛が続いて精密検査に行ったことがあって。すると、医師から、「おや、あなたは、年に比較して脳が若いですよ」っていわれました。「よく頭を使う人にこういう脳の人が多いんですよ」って。私の場合、絵のこと以外、何も考えていないので、きっとそのせいで脳が若いのかも。

絵が好きなすべての人のために

西村
このアートサロン展は、6歳から90歳以上の人まで、幅広い世代に応募していただいている非常に間口の広い公募展として、親しまれています。これから応募される方に何か一言。
眞下
入賞作や入選作を見たとき、技巧がうまいというだけではなく、絵が好きだという心が伝わってくるような作品を選んでくださっているな、と思いました。絵が好きだけど、あまり上手じゃないという人とか、まだ始めたばかりの人でも、大きな賞をとるチャンスがあるのではないでしょうか。
三上
絵は、趣味として、素晴らしいと思っています。私も描ける限り、続けていきたいと思います。趣味を持つということは、生きがいにつながるし、長生きにもつながると思っています。絵の好きな方は、ぜひ応募を。
西村
皆さんから「楽しい」とか「絵の心が伝わる作品が選ばれる」といってもらえるのは非常にうれしいかぎりです。今後は東京、大阪で展覧会を開くだけではなく、各地区で見ていただけるような機会づくりにも力を入れていきたいとも考えています。今日は、ありがとうございました。

主催

全日本アートサロン絵画大賞展実行委員会、産経新聞社

共催

株式会社サクラクレパス、株式会社ターレンスジャパン、サクラアートサロン、株式会社アムス

後援

文化庁、東京都、大阪府、公益財団法人教育美術振興会、全日本画材協議会、関西テレビ放送、ニッポン放送、ラジオ大阪
扶桑社、サンケイスポーツ、夕刊フジ、フジサンケイビジネスアイ、サンケイリビング新聞社

お問い合わせ

「全日本アートサロン絵画大賞展」事務局
〒540-8508 大阪市中央区森ノ宮中央1-6-20
(株)サクラクレパス
TEL.06-6910-8807 / FAX.06-6910-8831
ishizawa@craypas.co.jp

◆応募方法に関するお問い合わせは
ヤマトロジスティクス株式会社 東京美術品公募展支店
「全日本アートサロン絵画大賞展」係へ
TEL.0120-223-529 / FAX.03-6858-7600
kuroneko_jas@y-logi.com

関連サイト

  • 株式会社サクラクレパス
  • 株式会社ターレンスジャパン
  • イベントスクランブル